静岡大学 桑原研究室

卒業研究・修士研究テーマ

国際学会

当研究室では,博士課程の学生はもちろん,卒研生,修士学生も学会発表を行うよう指導しています.また,国際学会にも積極的に参加します.

参加実績
  • IEEE Antennas and Propagation International Symposium 2007 (6.11-15 at ハワイ ホノルル)
  • IEEE International Symposium on Antennas and Propagation 2008 (10.27-30 at 台北)
  • IEEE International Symposium on Antennas and Propagation 2009 (6.11-15 at サウスカロライナチャールストン)

博士研究

  1. 平成27
    Sindhuja Patchikani
    Automatic Optimization of Antenna Using the Pareto Genetic Algorithm

修士研究

  1. 平成30
    鈴木大河
    地中レーダのクラッタ除去に関する研究
  2. 平成29
    神谷俊宏
    マイクロ波マンモグラフィに関する研究
    鍬之手秀
    二輪車ITS用アンテナの開発
    松本大樹
    課電電線の可視化に関する研究
  3. 平成28
    木野皓介
    マイクロ波CTによる脳内組織イメージング
    小長谷健太
    UWBレーダによる生体組織イメージング
    坂柳佑治
    横ずれに強いワイヤレス送電システムの開発
    戸川翔太
    小型EVへのワイヤレス送電
  4. 平成27
    石川裕規
    フラクタルループを用いたワイヤレス送電
    小沢尚之
    マイクロ波トモグラフィによる乳房内組織イメージング
    堤洸貴
    ミリ波衝突防止レーダに関する研究
  5. 平成26
    須藤俊介
    ミリ波レーダアンテナに関する研究
    廣田慧
    EV, HEVからの不要電磁波放射の可視化
  6. 平成25
    相澤伸弥
    不要放射源の位置推定に関する研究
    大麻純季
    磁気共鳴型ワイヤレス送電に関する研究
    仁科友佑
    マイクロ波マンモグラフィに関する研究
  7. 平成24
    井出朋啓
    マルチビーム誘電体レンズアンテナに関する研究
    岩堀大希
    磁気共鳴型ワイヤレス送電システムの開発
    三浦沙織
    マイクロ波マンモグラフィの開発
  8. 平成23
    近藤秀幸
    不要放射源の可視化に関する研究
    西本良
    堆積物の可視化に関する研究
    福田史郎
    UWBレーダによる危険物の探知
  9. 平成22
    加々美友宏
    走行中自動車へのワイヤレス送電に関する研究
    鈴木健太
    マイクロ波マンモグラフィの開発
    藤井亮三
    地上デジタル放送受信用簡易アダプティブアンテナの開発
    水谷友治
    広範囲監視用レーダネットワークシステムのための位置推定手法に関する研究
  10. 平成21
    里吉一浩
    市街地における地上デジタル放送波の到来方向分布
    堀江弘彦
    マイクロ波イメージングによる初期乳癌検診
    中村英生
    パッシブRFIDタグの位置推定
  11. 平成20
    浦健二
    ISDB受信用アナログ位相制御型アダプティブアンテナの試作評価
    黄燕
    CMAとシンプレックス法を用いた携帯端末用アダプティブアンテナの試作評価
    清水智得
    自動車ダイバーシチアンテナに関する研究
    高橋洋文
    ISDB受信用アナログ位相制御型スマートアンテナのアルゴリズムに関する研究
  12. 平成19
    加藤春雄
    ミリ波アダプティブアンテナに関する研究
    西村拓儀
    ESPARアンテナを用いたRFIDタグの到来方向推定
    山守一輝
    遺伝的アルゴリズムを用いた広角走査型誘電体レンズアンテナの設計
  13. 平成18
    サロジ・ラマン・トリパティ
    マイクロ波イメージングによる初期乳癌の検出法
    鈴木雄将
    FM多重VICS用アダプティブアンテナの開発
    羽切健悟
    到来方向推定を用いた測位システムに関する研究
  14. 平成17
    池田知浩
    FDTD法によるUWBアンテナの時間応答解析
    橋本康史
    レーダの受信信号処理に関する研究
    松本拓洋
    到来方向推定を用いた移動体の測位技術に関する研究
  15. 平成16
    阿部唯人
    VICS用アダプティブアンテナの開発
    稲田雅之
    アダプティブアンテナ適用による下りリンク通信容量の増加
    河合健史
    VICSにおけるダイバーシチ受信の適用
    寺嶋亮太郎
    太陽光発電衛星のビーム走査法に関する研究
    中根義明
    ミリ波アダプティブアンテナの開発
  16. 平成15
    辻 陽介
    アンテナ設計における多目的最適化アルゴリズム
    野口高洋
    パラサイト負荷切り替え方式アダプティブアンテナの試作評価
    藤野洋輔
    SDMAにおける下りリンクビーム制御
  17. 平成14
    糀谷卓也
    擬似八木アンテナアレーの遺伝的アルゴリズムによる設計
    細川文哉
    W-CDMAにおけるアダプティブアンテナの適用
    丸山貴史
    SDMAのための移動局到来方位推定
  18. 平成13
    加藤 彰
    到来方位推定における素子間電磁結合の補償
    吉岡貴史
    ニューラルネットワークを用いた超分解到来方位推定

学部研究

  1. 平成30
    釜田英揮
    課電電線可視化レーダの開発
    田中一喜
    透明アンテナに関する研究
    中田裕士
    マイクロ波マンモグラフィに関する研究
    野崎亮
    マイクロ波マンモグラフィに関する研究
    望月健人
    移動体へのワイヤレス送電
  2. 平成29
    尾﨑智也
    マイクロ波マンモグラフィに関する研究
    中島奨貴
    レーダによるバイタルセンシングの検討
    能城冬馬
    CubeSat搭載衛星通信システムの開発
    牧口真也
    伝送線路モデルを使ったマイクロ波トモグラフィの検討
  3. 平成28
    鈴木大河
    地中レーダにおけるクラッタ除去に関する研究
  4. 平成27
    神谷俊宏
    逆散乱解析の最適条件に関する研究
    鍬之手秀
    空間マッピングとパレートGAを用いた最適化問題の高速処理化
    高須大輝
    マイクロ波マンモグラフィのアンテナ配置に関する研究
    松本大樹
    定在波レーダと独立成分分析を用いた非接触バイタルモニターの開発
  5. 平成26
    木野晧介
    電波トモグラフィによる人体内組織イメージング
    小長谷健太
    心不全の電磁波モニタリング
    坂柳佑治
    ワイヤレス送電用高周波大電力整流器の開発
    佐藤鋭治
    脳血管障害のレーダイメージング
    戸川翔太
    ワイヤレス送電用自動整合器の開発
  6. 平成25
    石川裕規
    磁気共鳴型ワイヤレス送電システムにおけるフラクタルコイルの適用
    稲吉遼太
    透明MIMOアンテナの多目的遺伝的アルゴリズムによる設計
    小澤尚之
    マイクロ波トモグラフィにおける順問題の高精度モデリング法
    堤洸貴
    直列給電型マイクロストリップパッチアンテナアレーの等価回路設計法
  7. 平成24
    林聖也
    スマートホン用透明MIMOアンテナの設計
    北川佑太
    コンフォーカルアレーによる放射源の可視化
    須藤俊介
    マルチビーム誘電体レンズアンテナ用フィードの研究
    廣田慧
    逆問題による信号源の可視化
  8. 平成23
    相沢伸弥
    自動車における不要放射源の位置推定
    大麻純季
    磁気共鳴型ワイヤレス送電におけるコイル形状の評価
    仁科友佑
    マイクロ波マンモグラフィに関する研究
    金谷陽一
    ISDBT簡易位相ダイバーシチ受信機に関する研究
  9. 平成22
    井出朋啓
    誘電体マルチビームアンテナへの超分解到来方向アルゴリズムの適用
    岩堀大希
    パラサイト素子によるマイクロ波送電アレーの送電効率の改善
    三浦沙織
    初期乳がん検診の時間領域での撮像アルゴリズムの検討
    松下隼人
    磁気共鳴型ワイヤレス送電を用いた走行中電気自動車への電力送電システム状の評価
  10. 平成21
    井出朋啓
    誘電体マルチビームアンテナへの高分解到来方向推定アルゴリズムの適用
    岩堀大希
    パラサイト素子によるマイクロ波送電アレーの送電効率の改善
    松下隼人
    磁気共鳴型ワイヤレス送電を用いた走行中電気自動車への電力送電システム
    諸井佐織
    初期乳がん検診の時間領域での撮像アルゴリズムの検討
    大西博信 *
    準天頂衛星と複数受信機を利用した自車位置推定アルゴリズムの一検討
    河合宏信 *
    CWレーダネットワークを用いた移動体の進行方向・位置・速度推定手法
  11. 平成21
    近藤秀幸
    パッシブマイクロ波イメージングに関する研究
    西本 良
    高コントラスト領域を対象としたマイクロ波トモグラフィの検討
    福田史郎
    UWBレーダを用いたセキュリティ技術の開発
    山下高範
    多目的遺伝的アルゴリズムを用いたダイバーシチアンテナの設計と試作評価
    水谷優文
    FM-CWレーダネットワークを用いた移動体検出
    杉山和哉
    レーダネットワークで用いる反射波を利用した障害物位置推定アルゴリズム
  12. 平成20
    江藤大希
    OFDMアダプティブアンテナのリアルタイムシミュレーション
    鈴木健太
    マイクロ波マンモグラフィの開発
    濱井燃太
    フェルミアンテナと誘電体レンズを用いたマルチビームアンテナ
    藤井亮三
    ISDB受信用簡易位相ダイバーシチアンテナの評価実験
    水谷友治
    遺伝的アルゴリズムを用いた超音波アレイエミッタの設計
  13. 平成19
    大石圭祐
    UWBリッジホーンアンテナの油中における特性評価
    里吉一浩
    地上デジタル放送波の到来方向推定
    中村英生
    RFIDタグの到来方向推定システムの試作
    堀江弘彦
    UWBレーダによる初期乳癌検診―3次元FDTDモデルによる解析―
  14. 平成18
    石原篤志
    可変リアクタンス負荷からの反射波を用いたアダプティブアンテナ
    浦健二
    自動車FM受信用簡易アダプティブアンテナの開発
    清水智得
    車体に取り付けられたFMダイバーシチアンテナの解析
    高橋洋文
    反射電流制御型アダプティブアンテナ
    ジャダンバー・アマル・ジャルカル
    OFDM受信自動車用アダプティブアンテナ
  15. 平成17
    久野誠
    直接探索法を使用したESPARによるOFDM信号の周波数・空間等化
    河野将也
    直接探索法を用いたESPARアンテナの指向性制御
    西村拓儀
    ニューラルネットワークを用いたマイクロ波イメージングの認識
    山守一輝
    角度広がりのある到来方向推定
  16. 平成16
    加藤春雄
    複偏波広帯域ミリ波アダプティブアンテナの設計
    鈴木雄将
    VICS用アダプティブアンテナの開発
  17. 平成15
    池田知浩
    FDTD法によるUWBアンテナの電磁界解析
    橋本康史
    W-CDMAアダプティブアンテナの制御法に関する検討
    畑本浩伸
    RBFニューラルネットワークによる到来方向推定に関する検討
    松本拓洋
    パラサイト負荷切り替えアレーによる2次元到来方向推定
  18. 平成14
    稲田雅之
    OMC-CDMA下りリンクアダプティブアンテナ
    高瀬奈穂江
    任意スケーリングファクタを持つKochフラクタルアレーアンテナ
    中根義明
    パラサイトスイッチ方式アダプティブアンテナ開口の最適化
    中野映志
    フラクタルによるマイクロストリップパッチアンテナの小型化
    森 俊憲
    3D Unitary ESPRITを用いたMIMOチャネル推定
  19. 平成13
    酒井大輔
    遺伝的アルゴリズムによるESPARアンテナの制御
    辻 陽介
    遺伝的アルゴリズムによるパラサイトつきフェーズドアレーの最適化
    野口高洋
    マルチバンドフラクタルアンテナ
    藤野洋輔
    マルチキャリアCDMA通信方式へのMMSEアダプティブアレーの適用
  20. 平成12
    石井 亮
    2D Unitary ESPRITによる屋内伝播測定
    今村 睦
    WCDMA時空等化シミュレーションプログラムの開発
    糀谷卓也
    パラサイト素子によるフェーズドアレーアンテナの高性能化
    丸山貴史
    ニューラルネットワークによる伝播パラメータの推定
  21. 平成11
    加藤 彰
    素子間結合がステアリングベクトルに与える影響
    天谷和幸
    LMSアダプティブアンテナにおける素子間結合の影響